リースなどを有効的に活用してオフィスのコストダウンに挑戦する

障害者福祉とソフト

打ち合わせする男女

障害者とひと口に言っても、身体や知的および精神などがあり、その障害の内容は多様です。また障害の程度も個人によって異なります。共通しているのは、日常生活を送る上で他者の支援を必要としているということでしょう。現在施行されている「障害者総合支援法」は、このような複雑な支援や福祉サービスを一元化し、合理的で透明性のあるサービス給付を行い、障害者の自立を図ることを目的としています。様々なサービスを提供し、それに対して報酬を受け取るという点で、介護保険と似ています。この事務処理をスムーズに行うためには、介護ソフトが欠かせません。障害者総合支援法に基づいた介護ソフトの価格は3万円前後が一般的ですが、法改正によるバージョンアップなど、その後の費用も考慮する必要があります。

介護ソフトを導入したら、それで事務処理がスムーズになるわけではありません。福祉サービスを行う事業所はどこも人手不足で、事務専門のスタッフを雇用するのは難しいのが実情です。したがって、スタッフの誰もが扱えるような、シンプルなものであることが大事です。また法改正などによるバージョンアップにも、迅速かつ正確に対応しなければなりません。そうなると、介護ソフトそのものよりも導入後のサポートが重要になります。インターネット上の介護ソフト関連サイトでは、体験版ソフトを無料でダウンロードすることができます。取扱いの方法はそれで確認することができます。またサポートに関する費用や内容も掲載されていますから、導入の際には必ず確認する必要があります。契約事項にもよりますが、サポート料金は年間5万円前後が一般的です。